『妊娠中の三種混合ワクチン接種について』

2018/10/27

妊娠27~36週の妊婦に対して、Tdap(破傷風・ジフテリア・百日咳)ワクチンの接種を行うことが米国では推奨されています。生まれてくる赤ちゃんに胎盤を通じて百日咳抗体を移行させることで、乳児期早期の百日咳罹患を防ぐことができます。ご希望の方はワクチンを取り寄せますので、お電話にてご相談ください。

診療受付時間 (H28年10月1日~) 

 
9:00~12:00
(※土曜 は13:00まで)
× ×
14:00~15:30
(注射・健診のみ)
× × ×
15:30~19:00 × × ×

祝日は、休診です。
予防接種・乳児健診は通常の診療時間内でも可能です。

お問い合わせ

tel.047-741-2122 神奈川県相模原市南区東林間7-1-1

ご予約はこちら